"認知症"が気になる方へフェルラ酸配合 脳サプリメント<月読>

【サポートメモリープレミアム】

2017年06月24日

ビールの苦味 認知症予防

ビールの苦味が認知症予防に役立ちそうです。


アルツハイマー病の予防というと、赤ワインのポリフェノール効果を思い浮かべる人が多いかもしれないが、ビールにも大いに期待ができることが、東京大学、学習院大学とキリンとの研究によって2016年11月に発表され明らかになったのです。


というのもビールには『イソα酸』というホップ由来の苦味成分が含まれています。
2016年11月に発表した研究では、このイソα酸に、アルツハイマー病の原因の一つとされるアミロイドβ(アミロイドベータ)などの脳内の老廃物沈着の抑制効果や、脳内炎症の緩和効果があることが確認され、認知機能の改善が期待できることも確認されているのです。


アミロイドβはいわば脳にできたシミのようなもので、これがアルツハイマー病の原因物質といわれており、脳内に蓄積すると、脳の中で認知機能や記憶を司る神経細胞がうまく働かなくなり、物が思い出せなくなったり、何をすべきか分からなくなったりします。


ビールに含まれるホップ由来の『イソα酸』には、この脳内をきれいに掃除する機能があるミクログリアを活性化させる効果があります。


そこでイソα酸によってミクログリアが活性化され、老廃物がたまりにくくなり、炎症が抑えられ、アルツハイマー病の予防につながると考えられるのです。


こうなれば、尿酸値が多少高くてもやはりビールにトライでしょうな・・。
posted by yasuucare at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症ケア   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

耳が遠くなると認知症になりやすい

耳が遠くなると認知症になりやすいようです。


「最近、耳が遠くなって」という加齢性難聴もそうした加齢による身体機能低下のひとつで、この加齢性難聴と認知症の関係が注目されています。


聴力が低下すると、相手の声、話の内容が聞きとりにくくなり、話し相手が繰り返し話しかけたり、大きな声を出さなければいけなくなるなど、コミュニケーションの工夫や努力が必要となります。


仮に高齢者1人に家族が2〜3人いるとすれば、難聴がもたらす影響は、本人を含めて、国民の4500万〜6000万人に及ぶ深刻な問題といえるのです。


認知機能は加齢に伴い誰でも低下していくものですが、難聴があるとその衰えは顕著になります。しかも、難聴によって衰える認知機能は、加齢に伴い成熟する知識や言語能力など、老化によって衰えないとされる領域にも及ぶのです。


脳にはたくさんの神経細胞が集まっています。例えば動脈硬化や糖尿病などは神経を障害しますが、音を聞きとる感覚神経と、認知機能をつかさどる中枢神経に同時に影響が及ぶと、同時並行で聴力と認知力の機能低下が起こります。
つまり軟調になれば認知症の可能性が高まるというわけです。


ところで難聴は治療をしても元の聴力に戻すことはできないが、補聴器を使うなどして聴力を補うことは可能です。
補聴器を使って聴力を補えば認知機能が改善するのかどうか不明ですが、家族のサポートで補聴器を使うことにより、コミュニケーションが取りやすくなり、認知症に伴う周辺症状が改善される場合もあるでしょう。


認知症はちょっとしたことで進行が速くなったり遅らせることができる可能性があります。
結局、身近な人のサポートと協力が大切になるのです。
posted by yasuucare at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症とは   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

寝たきりや認知症

寝たきりや認知症になりやすいのは生活環境にもよるようです。


つまり健康は住んでいる場所や、隣の家の人により、つよく影響されるというのです。
中高年者の人は、住んでいる地域や近所づきあいが悪いと、寝たきりや認知症になりやすい傾向があります。


例えばイギリスの例ですが、貧困地域に住む人は、裕福層に比べて認知機能が低下しており、高齢化に伴い認知症になるリスクが高いことが分かりました。


そして、貧困地域に住む人の13.6%が寝たきりになったりしており、移動や運動能力に問題が生じていたそうです。
一方、非貧困地域の場合はその様な頻度は4.0%でした。


男女ともに貧困地域の人は、認知機能及び運動機能に問題が生じやすいことを示しており、自分の住む住環境が、健康に大きく関与すると注意しています。


また肝心なことですが、近所つきあいも重要であり、地域でのソーシャルケアの整備が大切なこともよく分かりました。


積極的に近所づきあいや友達付き合いをし仲間を増やしていくことこそが認知症予防につながるように思います。




posted by yasuucare at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

認知症と薬の飲み合わせ

認知症を誘発する薬の飲み合わせがあるようです。


歳を取れば薬を飲んでいない人を探すのが難しいぐらい皆さん数多くの薬を服用されています。
1回に10錠ぐらい飲む人もいますが、とても巧の喉を通らしています。


薬を飲みなれていないと3錠飲むのにも水がたくさんいるのですが、10錠ならあっという間だとびっくりさせられます。
でも、その10錠がみな必要なのでしょうか?


あちこちの病院でもらうので、ともかくめんどくさいからまとめて飲んでしまえ的な人も多いのでは?
でも、中身を確認していないと認知症へまっしぐらということも・・。


薬の重複で起こりやすい副作用にはふらつき、転倒、物忘れが多いのです。他にもうつ、せん妄(興奮したり、ボーっとしたりする症状)、食欲低下、便秘、排尿障害などが起こることもあります。


高齢者では不眠症はポピュラーな病気で睡眠薬や抗不安薬が処方されることは珍しくないのですが、睡眠薬は脳の活動を抑えて眠りやすくする薬です。


適正な量であれば問題はありませんが、薬が重複して過剰摂取すると記憶力が低下して、認知症の発症を後押ししてしまうことにも。


ともかく、あまりたくさんの薬とはおさらばするとともに、中身をよーくチェックしてみましょうね!
ラベル:認知症予防
posted by yasuucare at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

アルツハイマー病を克服する日

アルツハイマー病を克服する日が来るかもしれません。


それは、発想を新たにして長生きすることのようです。
つまり、寿命が長くなればアルツハイマーにかかる前に他のガンなどの病気で亡くなるという・・。


「人間の寿命が150歳にまで延びたらどうなのか」というとおそらく、アルツハイマー病の発症は90〜100歳に後退します。


この発症前に、がんや心臓病、脳卒中など、違う病気で亡くなることがあれば、アルツハイマー病は必然的に解決するんですよね。恐れる必要がなくなります。
何と面白い発想だろう・・。


現在、アルツハイマー病は「7つの要因」を避ければ予防できる可能性があると、医学雑誌『The Lancet』のある論文が論じています。


【アルツハイマー病を予防するために避けるべき「7つの要因」】1 糖尿病2 高血圧3 運動不足4 肥満5 うつ病6 低教育水準7 喫煙


アルツハイマー病を防ぐにあたって、やはり食事は大きなウエイトを占めるので、とても重要です。


ある実験で、緑茶の中の成分であるエピガロカテキンカレートをネズミに毎日食べさせて、脳がどうなるかを見たところ、アミロイドベータ蛋白の溜まり方が遅くなってくるということがわかりました。


また、サプリに関係があるのですが、ビタミンDは紫外線でつくられます。
しかし日本人は、紫外線を浴びません。


ビタミンDとアルツハイマー病の関係は明らかになっています。
ビタミンDは脳に直接働きかけますし、うつ病の予防にもつながります。


日本人は国民全体としてビタミンDの血中濃度が低く、そのために認知症の発症率が上がっていると考えられます。


足りない分は食事で補うしかありません。
食事の管理が難しければ、サプリメントでもいいでしょう。


ビタミンDのサプリメントは比較的安く、1ヵ月分で1000〜2000円くらいでしょう。
その割にメリットはとても大きいのです。











posted by yasuucare at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。