"認知症"が気になる方へフェルラ酸配合 脳サプリメント<月読>

【サポートメモリープレミアム】

2017年02月27日

認知症予防

認知症予防は体を動かすことから!


自らの足で歩かず車や電車に乗り、家事には電化製品をフル活用しましょう。
クリック一つで自宅に必要なものが届くという「そんな生活は脳を退化させる」と指摘する人がいます。


走ることで脳が鍛えられ、認知症予防にもなるというのです。


「動かない生活を続けていると、脳が徐々に退化し始めます」
運動することで血の巡りがよくなれば、新鮮な酸素が脳に運ばれ活性化します。
実は運動することで脳こそが鍛えられるのだとしてきするのです。


認知症と関連が深いアミロイドβは認知症発症の20〜40年も前から脳への蓄積が始まるとされ、認知症を防ぐためには、30〜40代から運動によって脳を鍛えておくことが重要なのです。


脳に最も効果的な運動が「ランニング」です。


適度に心臓に負担がかかる有酸素運動によって、脳内が新鮮な血液で満たされ、脳細胞も増え、走る際に筋肉を動かすことで感覚器が信号を出し、それによっても脳が活性化されるのです。


ランニングの脳に刺激を与える最低ラインは「運動強度60〜80%のランニングを1日20〜30分×週3回×3カ月」だそうです。


そして、ランニングは心も強くします。


ストレスから私たちを守る働きをするのが「コルチゾール」というホルモンで、このコルチゾールを長時間放置すると脳の海馬や扁桃体にダメージを与えます。
この滞留を防ぐには、走ることが大切です。
 

ランニングで幸せを感じるホルモン「セロトニン」も分泌されます。
運動がうつ病患者の症状改善に効くという研究は各国でなされているのです。


ともかく、ランニングは、いつでもどこでも誰でも自由に行え、しかもお金もかかりません。
これで認知症予防に役立つのなら、これ以上の特効薬はないかもしれませんね・・。











ラベル:認知症予防
posted by yasuucare at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。