"認知症"が気になる方へフェルラ酸配合 脳サプリメント<月読>

【サポートメモリープレミアム】

2017年01月05日

高齢者を75歳以上に

高齢者を75歳以上にする案が出されました。もっともだと思います。


日本老年学会などは5日、現代人は心身が若返っているとして、65歳以上とされる高齢者の定義を75歳以上に引き上げるべきだとする提言を発表しました。
65〜74歳は準備期間として新たに「准高齢者」と区分するよう求めたのです。


かなり妥当な考え方をするところもあるのです・・。


提言は、現代人は10〜20年前と比較し、加齢に伴う衰えが5〜10年遅く、「若返り」がみられると指摘し、65〜74歳では活発に活動できる人が多数を占め、社会一般の意識としても高齢者とすることに否定的な意見が強いとしました。


その上で、高齢者の年齢を75歳以上に引き上げ、65〜74歳は就労やボランティア活動ができるよう後押しし、「社会の支え手」として捉え直すべきだとしたのです。
一方で、年金受給年齢などに反映させることには慎重な態度を示しました。


観念と課税とは別の考え方になるようです。
いずれにしても、最近の高齢者を見ていると65歳はまだまだヒヨッコかも・・。
 
posted by yasuucare at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎の囲碁棋士「Master」

謎の囲碁棋士「Master」の正体はグーグルのAlphaGoだった。


Google DeepMindの共同創立者であるデミス・ハサビス氏が1月5日、Twitterを更新し、年末年始に世界のトップ棋士を続々撃破していた謎の囲碁アカウント「Master」は、囲碁ソフト「AlphaGo」の新バージョンだと明らかにした。


世界のトップ棋士を相手にさらに進化したAlphaGoの新バージョンだとか。
何せ、囲碁アカウント「Master」の戦績は、「野狐囲碁」で30勝0敗、東洋囲碁を含めると60勝0敗。


テストの最終局の相手となった古力九段(中国のトップ棋士)は「人間とAIは共同で、間もなく囲碁の深い謎を解き明かす」とコメントしている。


人間の限界を知らされ、さらにその上に行けるのかロボットに使われることになるのかの瀬戸際のようでもある・・。


コンピューターなら、やがて認知症にも対応ができるようになるのかもしれない。
posted by yasuucare at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症ケア   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

認知症を疑う時

認知症を疑う時とはいつでしょう?


お正月になれば帰省をして故郷でのんびりという人も多いことでしょう。
そんな時親の態度がおかしいなと感じたら不安です。
でも、たいてい認知症の人は普段顔を合わせていない人の前では緊張するのか比較的しっかりしています。


ですから、多摩の帰省で物忘れが多かったりおかしなことを言ったりして、おかしいなと感じたらかなり危ない認知症状態かもしれません。


認知症ではないかと気づくのは普段顔を合わせている人の方が多いはずです。


例えば、財布のありかがわからないとき、物忘れの場合、「どこにしまったか忘れてしまった」と頭を抱えることになるのですが、認知症の場合、「財布がなくなった。誰かが盗んだ」となってしまいます。
いきなり身内にでも財布を盗んだなんて言い出したら大変です。
でも、普段顔を合わせていないと比較的遠慮しているものです。


ともかく、体験の一部を忘れるのが加齢による物忘れで、体験そのものを忘れるのが認知症の特徴なのです。


大きな特徴は、物忘れがひどいことや性格が変わってしまう感じでしょう。
時間や場所がわからなくなったり、人を気付付けたり怒鳴りまくったりと大きく人柄が違ってくれば要注意です。


認知症は早く気付くことが深みにはまらない第一歩と言えるでしょう。

「軽度認知障害」早期リスク判定検査

posted by yasuucare at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症ケア   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

若年性認知症

若年性認知症にはなりたくないものです。
何せ50代前半で認知症がらみですから・・。


厚生労働省が2009年に公表した「若年性認知症の実態等に関する調査結果」によると、若年性認知症の推計有病率は人口10万人当たり47.6人、全国での推計総患者数は3万7800人です。


若年性認知症の推定発症年齢平均は51歳と活動性の高い年代のため、発症すると、周囲への影響は極めて大きく、女性に比べて男性の方が、患者数が多い傾向にあります。


若年性認知症で最も多いタイプは脳梗塞などによる脳血管性認知症で全体の4割弱を占めています。


次いでアルツハイマー型認知症が全体の4分の1強で、今のところ、認知症は根本的に治す治療法はありませんが、早期発見によって、進行を遅らせることや諸症状の改善が可能です。


物忘れが頻繁に起こり、指摘されても思い出せないようだと若年性認知症を疑わねばならないかもしれません。


効く薬はないのですが、ともかく規則正しい生活を心がけ心身ともに健全に保つ工夫が大切なようです。
posted by yasuucare at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 種類    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

GPS活用徘徊対策

GPS活用の徘徊対策が効果を上げています。


徘徊は認知症患者特有のもので効果的な対策がありません。
24時間付きっ切りというわけにはいかないので、どうしてもちょっと目を離したすきに徘徊となってしまうのです。


小さな子供しかり認知症老人しかりということでしょう。
結局すぐに見つけ出す工夫をするしかありません。


その対策の一つがGPS機能付きの器具の貸出しです。
自治体でも真剣に取り組むところが出てきています。


全地球測位システム(GPS)機器を貸し出す取り組みが群馬県内の自治体で広がっています。
すばやく保護できるようになったと家族や介護者からは好評で、高崎市は7月から障害者の見守りにも対象を広げました。


このGPSを使ったシステムの使い方は、まずGPS機器を介護家族らに貸し、お年寄りの靴やカバン、ベルトなどに付けてもらいます。


そして行方不明になったら、居場所の確認を依頼。位置情報はメールで知らされるのです。家族らが現場に行けないような時には、警察や委託業者が探しに行ってくれる場合もあります。


徘徊老人を探し出すのに時間がかかれば、探し出した時には脱水症状で倒れそうなくらいフラフラしていることもあるのでとても効果的です。


地域での見守りや声かけ運動に加えGPS機器は認知症対策の大きな力になることは間違いありません。
posted by yasuucare at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症ケア   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。